<< Sobre KOKESHI(こけしについて)〜1年になります〜 | main | February2012阿部市五郎さんこけし(木地山系) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    February2012阿保金光さんこけし(津軽系)
    0
      2月に津軽こけし館に行った時
      阿保金光工人におみやげのチョコレートを渡したのですが、その場で
      お返しをくれました^^

      それがこの子です
      セロファンにつつまれてたけど、売り物だったのではないでしょうか(汗)



      胴の模様も鮮やかでとってもきれい
      きれいに切りそろえたおかっぱ頭、そしてセクシーなほくろがあるこの子
      何より金ちゃんが直接私にプレゼントしてくれたこけしちゃんなので、とびきりかわいいのです!
      ラブリー!








       
      カテゴリ:こけし | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 22:20 | - | - | - | - |
        コメント
        初めまして。こけしをセロファン包みにするのは、金ちゃんのお兄さん(=六知秀さん)の師匠、故佐藤善二氏が始めた事らしいです。郷土玩具研究家の斉藤良輔氏に「折角都会へ送るのに、遠いからって傷でも付いたらすまねえスからね」とご本人が語ったと、『おもちゃと人間』という本に記されていました。…その優しい気遣いを、弟子たちが今も続けているのでしょうね。
        | 李 | 2012/04/08 10:48 PM |
        >李さま
        はじめまして!
        コメントありがとうございます^^
        セロファン包みにはそんな訳があったのですね。汚れ防止かなと何となく思っていたのですが、こけしの行き先の事もちゃんと考えられての事だったんですね。
        教えていただきまして本当にありがとうございました!
        『おもちゃと人間』という本については初めて聞きましたが古い本なのでしょうか。
        図書館に行ったときにでも探して見たいと思います。

        | yoko | 2012/04/09 9:32 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/56
        トラックバック