<< Nov. 2014 北鎌倉『民芸おもと』 さん  | main | Feb. 2015 あおもりたび 〜再び北へ〜   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Nov. 2014 村井 操工人こけし (津軽系)
    0

      今回『おもと』さんで出会ったこけしです
      村井 操工人作  8寸くらい
      村井福太郎工人のお弟子さんで息子さんですよね
      これと同じようなタイプはこけし館2階の展示室で見たことがあります







      以前のブログにも書いたとおり、長谷川辰雄さんのこけしが欲しいなぁと
      思っていて、おもとさんにもしあったらいいな〜なんて思ってたんですよね
      でも無くて、店内をぐるって見たときに出会っちゃいました!
      ちょっと私にしては値段が高めなので普通だったら買わないんですけど。。。
      ^^;

      だいたいこけし(通常サイズ)≒ ワイン1本 と同じくらいの金額
      で見積もってますが、このこけしは
      こけし(約40年もの?)≒ ボジョレヌーボー x 2.5本 に匹敵する
      お高めのお値段でした

      何故だか、私の背より高い棚にあってそんなに目につかないはずなのに
      気になっちゃったんです
      古いものだと思うのですが、それほど色褪せてないし、むしろ年月を
      経てちょうどいい色合いになっているように感じます
      ”次回津軽に行くときに連れて帰ってあげてね〜”なんて店主さんに
      言われて普通に自宅に連れて帰って来たのですが、こけし棚に他の
      こけしと一緒に並べてはたと思いました

      『もしかして、私、こけしに呼ばれちゃったんじゃないの!?』
      今までにそういう経験はありませんが(多分)、長い年月をこけしとして
      過ごしてきた”ベテラン”こけしには何だかパワーがありそうな気がします

      このこけしがどういういきさつで故郷を離れ、いつ頃から鎌倉のお店
      にいたのかは分からないけど、そろそろ里帰りしたくて
      津軽に連れてってくれそうな人が来るのを待ってたのかもって
      お店の棚の上段から”もしもーし! 私ここですよ!”って呼んでる
      のが私に聞こえたのかもって思いました
      だからか見たとたん、『これだ!』って思ったし

      ちょっと大きいから持ち歩きには不向きだけど、仕方ないなぁ〜^^;
      そういうことなら連れてってあげますかね!
      もう少し待っててくれたら

      It was meant to be(そうなるよう決まっていた)
      いつも自分がこけしを選んでるつもりでいましたが、もしかしたらこけしに
      選ばれてる場合もあるのかも!?

      そんなことを考える2014年師走でございます
















      カテゴリ:こけし | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 00:13 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/166
        トラックバック