<< こけし本 『KOKESHI From Tohoku with love』 | main | Nov. 2014 村井 操工人こけし (津軽系) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Nov. 2014 北鎌倉『民芸おもと』 さん 
    0

      久々におもとさんにおうかがいしました!
      今年初の訪問です^^;(もう11月なのに)

      確か、こけしを好きになって1年経った頃初めておうかがいしていて
      その記憶によると2012年のG.W.頃だったと思います
      去年もどこかで1度来て、だからそれ以来ですね
      最初はちょっと入りにくいのですが(最初は本当に恐る恐る入った)
      こちらがこけし好きって分かると、店主のおばあちゃん(70代後半くらいかな?)
      がとっても親切にいろいろ教えてくださいます
      工人さん達とも親交がおありなので、今の現役工人さんのお父様の代のお話
      なども聞くことが出来ます


      お店に行くのが週末のせいか、だいたいいつも”こけし集めて数十年!”の
      おじさまコレクターがいらしてて、店主さんも交えてお茶をいただきながら
      こけしについてお話して帰ってくるっていうのが一連の流れのようになって
      います

      最初におうかがいした時に聞いたお話が、それ以降の私のこけしについての
      考え方だったり、自分なりの指針みたいなもの(そんな大げさなものじゃないけど)
      に影響しているように思っています

      いいワインショップでソムリエさんと相談しながらワインを選ぶように、
      店主さんとお話しながらこけしを見られるお店っていいなと思います^^

      ここのこけしちゃん達は確かに古いものも多いのですが、こけし好きな
      方から委託されたものがほとんどのようなので、状態もいいですし
      大切にされてたんだな〜って感じます

      鎌倉までもっと近かったら、もっとしょっちゅう通って、お茶出しのお手伝い
      とかさせて頂きながらお話聞かせて頂きたいのにな。。。

      久々におうかがいした今回も、またこけしちゃんとの出会いがありましたので
      次回、ご紹介したいと思います!





      カテゴリ:こけし | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 23:22 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/165
        トラックバック