<< アップデート! | main | Aug. 2014 あおもりたび  ―佝! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    PLVS VLTRA〜もっと遠くへ〜
    0
      スペインが好きだからサッカーが好きなのか、はたまたその逆か
      その答えは永遠に出ないと思います
      個人的には、スペイン(というよりヨーロッパのサッカー国)が好きならサッカーが好き
      じゃないともったいない!と思っているくらいです

      日本代表、サムライブルーももちろん自国の代表だから応援はしていますが、ここ数年
      ずっと最近まで特に興味はありませんでした
      なんか強いんだか弱いんだか分からないし、何がしたいんだか分からないサッカー!
      って思っていました
      また、日本人選手で唯一好きだったヒデ(中田英寿さん)が引退してしまった後、日本代表を
      応援する気持ちがなくなったことも事実でした

      その気持ちが変わったのは、去年のコンフェデレーションカップのイタリアとの試合を見てから
      です
      ”これって私の知ってるあの日本代表なの!?”
      私は自国の代表が、ポゼッションして相手陣内でボールを回すようなサッカーをするなんて
      知らなかった
      コンビネーションからゴール出来るようなサッカーをするなんて知らなかった
      ブラジルのお客さんから”オーレ!”って言ってもらえるようなサッカーをするなって知らなかった
      私が眠い目をこすりながら、丑三つ時に目覚ましをかけ、リーガだのCLだの見ているうちに、
      日本の代表に何か起こっていたんだろうか?
      残念ながらその試合には負けてしまったけど(勝ちきれないってことはまだ何か足りないという
      ことなんでしょう)
      なんだかすっかり心をつかまれてしまいました
      もちろん技術的にはまだまだなんだろうけど、可能性っていうか、攻める姿勢っていうか、そういう
      のはちゃんとあるんじゃないだろうか
      (確変したときしか、なかなかこんな試合にはならないのかもしれませんが)
      ”自分たちのサッカーが”って代表選手が言ったことが今まであったでしょうか?

      ”日本では生きるためにサッカーをする必要が無い” 
      確かにそうです
      他の国では、サッカーをすることが例えば良い生活をするためという明確な目標と結びついて
      いることも多いです
      日本では、何も大変な思いをしてボールを蹴らなくても、他にたくさんの選択肢がある
      そこであえてのサッカー!
      もしかしたら、ただサッカーが好きっていう気持ちをずっと持ち続けているのが日本の選手達
      なのかもしれません
      明日のVSコロンビアの試合が、今の代表を見る最後になるかもしれない
      そうなる可能性の方が高いっていうのも分かっています
      でも

      例えばスペインには創立100年を超えるプロのチームがたくさんあります
      ずーっとfútbolが生活に深くかかわっている国です
      それなのに結果が出なくて、勝てないならあの美しいサッカーは何なんだってさんざん言われて
      それでも少しずつ進化しながら自分たちのサッカーをしてきました
      やっとヨーロッパ王者になったのが、たったの6年前です

      だからもし結果が出なかったとしても4年間が無駄だったなんて思って欲しくない
      自分たちのサッカーを大切にして、少しずつ世界に近づいて行って欲しいなぁと思っています
      いつの日か、サムライブルーのユニフォームに☆がつけられる日を願って

      ※PLVS VLTRAはスペインの国旗に描かれている言葉です






        









       
      カテゴリ:そのほか | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 17:58 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/147
        トラックバック