<< カタルーニャ音楽堂  | main | Santiago de Compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    治安についての心構えなど
    0
      バルセロナが危険だというのは良く聞く話です(スペインの都市では多分マドリードの危険さも同じくらい耳にします)
      基本的に危険=スリくらいで、命にかかわるような犯罪はないと思うのですが、それでも”危ない”っていうイメージがつきまとっているのはとっても残念なことです

      覚えておかなければいけないのは、日本よりも安全な国は多分ないということです
      日本は安全で(一般的には)豊かな国です
      そしてそれは世界中の皆が知っていることで、だから金目の物を狙っている、お金が欲しい!っていう相手からすれば格好のターゲットになりうるということです
      アジア人は少ないのでどうしても目立ってしまいます
      (中国人や韓国人も多いですが、やはり日本人は全身から漂う上品さ?のせいか目立ちます)
      常に”狙われてるかもしれない”という危機感を持っていてください
      特に、周りに人がたくさんいるときには(メトロの駅構内、車内、混んでいる観光地周辺、ランブラス通りなど)
      私は幸運なことに、スリや、そういった犯罪には巻き込まれたことがないのですが、もしかしたら
      『盗れるものなら盗ってみろ!』という気持ちが『殺気(!?)』になっているのかもしれません(笑)

      街中で地図を広げたり携帯で地図を見ない(分からないときは人に聞くか、メトロの駅などにある地図を見てください)
      駅などで札入れからお札を出さない(お金は必要最小限のみ小銭入れに入れ持ち歩いてください)
      メトロの中で携帯を出さない(街中で写真を撮るときにも注意が必要です)
      パスポートはカラーコピーを携帯する(カードを使うときにはIDが必要ですが、日本人はコピー
      でOKです)
      レストランに着席した時、背中側にかばんを置かない(これで盗られた人多いです)
      自分でホテルを選ぶ際には、出来ればエイシャンプル(Eixample)地区がおすすめです
      (ゴシック地区は観光にはいいですが治安の面で不安があります)

      無理やり荷物を奪うような輩相手には何をしたってダメだと思いますが、少し注意するだけでずいぶん危険が回避されるはずです
      スリのような犯罪を犯すのが、たいていが非スペイン人です
      地図を見ていただければ分かるとおり、アフリカに接していますので、そちら方面から毎日のように不法入国者がどうのってニュースで流れています
      また、東ヨーロッパ方面からも多数の合法、非法移民が増えているそうです
      特に景気の良くない昨今はそのしわ寄せがまた犯罪の増加にもつながっているのでしょう
      以前より街中で警官をたくさん見ますし、バルセロナ市も犯罪防止に努めているのではと思っていますが心から愛するスペインが、またお気に入りの町のひとつであるバルセロナが危険っていうイメージで語られるのが非常に心外で、また悔しくてなりません
      せっかくはるばる出かけた国で、ちょっとの注意で防げたかもしれないトラブルのせいで、貴重な時間を無駄にしまた楽しい思い出が台無しになるようなことがあって欲しくないなぁと思います

      スペインは歴史、美術、音楽、食事、お酒、スポーツ、などなど人生を楽しむための全てがあると
      言われる国です
      なぜか日本ではフランスやイタリアの人気にはちょっと及ばないようなので残念ですが。。。
      少しだけの注意とともに、もっとたくさんの日本人にぜひ訪れて頂きたいなぁと思っております!








       
      カテゴリ:えすぱーにゃ | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 15:47 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/143
        トラックバック