<< Oct. 2013 あおもりたび ぁ 噌人フェスティバルへ〜 | main | Oct. 2013 阿保 金光さんこけし (津軽系) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Oct. 2013 あおもりたび ァ 狙朕校圓砲董
    0

      弘前から青森に移動しました〜

      ちょうどお昼時に電車にずっと乗っていて、お昼がまだだったためお腹がぺこぺこです(笑)

      味噌バターラーメンもいいなぁと思いながら、しんまち通りを歩いていたのですが
      前回、真冬に来た時食べておいしかった、『生姜みそおでん』を食べることにしました!
      行き先はもちろん、行きつけ(というかリピーター)の柿源さんです(2度目ですが)

      http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2002255/

      お昼の後、一旦閉めてしまうお店が多いと思うのですが、こちらは通しで営業されて
      るんですよね^^
      優しいご主人が迎えて下さいました



      ちょっと濃いめの味付けですが、私は関東人もとい新潟県人2世のため、全く問題ありません!
      むしろほっとする感じです
      ご主人に青森のお話をいろいろ聞かせていただいて、すっかり長居してしまいました
      また青森に行った際には、ぜひおうかがいしたいと思います
      今度は夜に行ってお酒頼みたいなぁ〜

      では、まだお土産買ってないし、A Factoryとアスパムに向かいます!



      海が見えるだけでも気分が良くなります
      ここの遊歩道、本当に素敵だなぁ


      毎回、A Factoryからは両親にりんごを送っています
      りんご好きなんで喜んでくれました

      会社同僚へのお土産は、毎回厳選して選んでいるのですが、今回は
      ヒロヤさんのアップルブランデーケーキにしました
      http://okashinohiroya.com/?page_id=657


      自分へはアスパムの地場セレクトさんで『八助の梅』を買いました
      りんごだけでなく、青森にはおいしいものがたくさんで、毎回新しい発見があります
      梅、とってもおいしかったです!



      八甲田丸
      船内もとっても見ごたえあるんですよね〜
      時間があったら行きたかったです

      そうそう、気になったこのお店(喫茶店)


      アルマダ=スペインのいわゆる無敵艦隊
      絵もそれらしいし。。。
      時間がなくてお店には入れませんでしたが、次回はなぜこの名前にしたのか
      お店の人に聞いてみたいと思います!*^^*

      こんなお店があるところも、いつも青森に来るたびに思う
      ”コルーニャに似てるなぁ”と思う私の感覚を裏付けるような気がします
      (※コルーニャ 私の大好きなスペイン北西部の町 アルマダ(無敵艦隊)が出港した町です)

      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A3

      だんだんと日も暮れてきました






      名残惜しいけど、そろそろ新青森に向かいますね


      青森駅

      りんごちゃんの国ともしばしのお別れです
      青森を去る時は、いつも”次はいつ来られるだろうか。。。”と思って悲しくなるのですが
      でも! 朝新幹線に乗れば、お昼には青森でおいしいご飯を食べることが出来る
      そんな距離です
      また、日々東京で頑張って、時々癒されに来よう
      そして、そんな場所があることはこの上なく幸運なのではないか、そんな風に思うのでした

      お世話になった皆さんどうもありがとうございました!
      またそのうちおうかがいしますね〜!

      fin









      カテゴリ:たび | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 15:29 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/138
        トラックバック