<< Oct. 2013 あおもりたび (弘前〜黒石〜青森) まえがき | main | Oct. 2013 あおもりたび  ◆ 全簗攣蛙声辧 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Oct. 2013 あおもりたび   噌袷阿佑廚紳爾悄
    0

      出発の朝 ずいぶん早起きして外を見るときれいな朝焼け
      きっといい旅になるにちがいないと思い、東京駅から新青森ゆきのはやぶさに乗りこみました

      何度も北上していますが、特に青森に向かう感覚は特別なものがありますね

      弘前駅に着き、『津軽フリーパス』を買ってから津軽の旅が始まります



      ※JR, 弘南鉄道、弘南バスなど乗り放題2日間で2000円のこのフリーパス
      私のように車を使わず移動する人にとってはgotta have it!(手に入れないと!)
      です
      今回、ねぷた村、岩木山神社、大鰐温泉、津軽伝承工芸館などをまわったので
      普通に払うと4000円を超えていました
      他にも入場料が割引になったりするので、本当におすすめです!


      (ねぷた村中庭) この建物の中にこけしコーナーがあります

      一週間前にねぷた村の長谷川さんには”行きますね〜!”と伝えてあったのですが、予定時間
      よりかなり遅れてしまいました。。。^^:

      何度も来ているから、表周りの展示を省かせていただいて、裏口(?)から近道でこけしコーナー
      までスタッフの方に案内して頂きました



      こちらは優志さんのこけしコーナー
      毎回、おうかがいする度にちがうこけしが増えていて、こけしに見入ってしまいます
      すこしずつ全部違うんですよね〜
      りんごの葉について、遠慮のない意見を述べてしまい申し訳ございませんでした(汗)



      左にいる集団の中からこけしを選んだのですが、右側の大きめのこけしも良かったなぁと写真を
      見ながら思っています



      長谷川 健三工人、優志工人
      いつも心良く迎えていただいて本当にありがとうございます!

      写真には写っていませんが、カウンターの内側に健三工人のこけしがたくさん並んでいました
      高円寺のトークショーのお土産など、作っていらっしゃいましたよ

      かわいいこけしを選ばせて頂き、たくさんお話させて頂いて本当にねぷた村に来るたび幸せな
      気持ちになります

      ほっこりした気持ちのまま、お腹が空いたので(基本どんな状況でもお腹がすく)
      併設の津軽旨米屋でお気に入りの津軽漬丼を頂きました



      季節によってお味噌汁の具が違うみたいですね
      今回は菊でしたが、冬に来た時は違ったような気がします
      プリプリの数の子がたまりません!*^ ^*

      心もお腹も満たされましたので、私の北の守護神、岩木山神社に向かいたいと思います!



      ねぷた村近くの歩道
      お天気が良くて本当に気持ちが良かったですー!


                             〜△紡海〜

      カテゴリ:たび | 16:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 16:18 | - | - | - | - |
        コメント
        yokoさん♪

        今回のあおもりたびのお供は、金ちゃんのこけしちゃんですか(*^^*)?
        yokoさんのブログ拝見して、ますますねぷた村に…というか、青森に行きたくなりました!!
        続きも楽しみにしてます~♪
        | kumiphew | 2013/10/27 6:20 PM |
        >kumiさん

        昨日はありがとうございました〜!
        実は今回こけしちゃんを連れて行くのを忘れてしまい
        金ちゃんこけしは家でお留守番でした。。。
        次は岩木山神社について書きますね!

        ぜひ、青森、そしてねぷた村に行かれて下さいませ〜!!
        | Yoko | 2013/10/28 10:01 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/134
        トラックバック