<< Nov. 2012 鳴子こけし祭り@横浜人形の家 | main | Nov.2012 柿沢 是伸さんこけし(鳴子系) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Cataluña, a donde va? (カタルーニャはどこに行くのか)
    0

      カタルーニャ自治州はスペインの北東部、州都はバルセロナです

      いまそのカタルーニャでスペインからの独立を求める声が高まっています

       

      私がスペインで一番好きな地方はガリシアですが、バルセロナにも友人がいて

      何度も行っているから、たぶん通算で1カ月くらいは滞在していることになるかもしれません

      なので、そのバルセロナがあるカタルーニャ州について書いてみようと思います!

       

      スペインが今のような国になるずっと前、カタルーニャ州は地中海貿易で
      栄えていました

      近年でも、スペインが軍事独裁政権だった時代には、独自の言語
      (彼らはスペイン語=カステジャーノとは違ったカタルーニャ語=カタラン
      を持っています)の使用も公の場所では禁止されていました。

      バルセロナには有名なサッカークラブ、FC Barcelonaがありますが、その
      精神は
      Més que un club(クラブ以上の存在)で、スタジアムの座席にも
      その言葉が書かれています。

       

      スペインの他の地方の人はカタルーニャのことを良く言いません
      注※個人差があります!()

      -バルセロナで地元の人に道を聞いたら、カタランで返事されたとか

      -とってもケチとか(笑)

      (基本カタルーニャ人はスペイン語も話せます)

      私のように見るからに外国人(彼らから見たら)の場合は、下手なスペイン語で話しても『スペイン語、しゃべれるんだ! 日本人?日本人は頭がいいよねー!』とちやほやされるのとは大違いです

      また、レストランなどで観察していると、お客さんに注文を取る時など、最初スペイン語で話して、お客さんがカタランで返すと、その後ずっとカタランで接しているので、地元の人と、そうでない人を区別しているのかもしれないと思ったことがあります

      私が目にすることが出来るのは、ほんの一部分ですが、さまざまな部分でお互いがカタルーニャ人であることを確認しながら生きているのかもしれません

       

      カタルーニャ州だけで、スペインの1/4くらいの経済規模があるので、自分たちが頑張って働いても、中央にもっていかれてしまうと思うのも無理のない事なのかもしれません

      ましてや今は国全体で経済が大変な時期ですし。。。

      独立派の議席が過半数になったとしても、現実的な事を考えると難しいのではないかと思います

      ただ、常にカタルーニャ人の心の中には名実ともに独立国となって、ヨーロッパの一国として、世界の一国として存在したいという気持ちがあるのではないかと思うのです

       

      一外国人としては、今のスペインという国の在り方が、ばらばらになってしまうようなことになってしまったら悲しいなということと、そこに住む人同士がいがみあうようなことが無いといいなぁと願っています

       

      温暖な気候、美しい地中海のビーチ、街中がアートのようなバルセロナ そしてそこにあるサッカーなどなど。。。

      カタルーニャの様々なものは私を惹きつけてやみません

       

      ¡Visca Catalunya !(カタルーニャ万歳)

      ¡Visca Barça!   (バルサ万歳)

      カテゴリ:そのほか | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 17:38 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yokotok136.jugem.jp/trackback/101
        トラックバック