スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    Santiago de Compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)
    0

      私のスペインにおける原点というか、故郷はサンティアゴ・デ・コンポステーラ
      というスペイン北西部ガリシア州の小さな町です

      最初にスペインに来た時、ここに約3カ月いて、語学学校に通っていました
      当時はピソ(アパート)をスペイン人の女の子2人とシェアしていたのですが、もう
      2人とも大学(ここはサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学というけっこう有名な
      大学のある学生の町です)を卒業し、それぞれ故郷に帰ったり、他の町で働い
      たりしています
      だから、以前よりも”ただいま感”は薄れましたが、それでも他の町からやって
      来て、ここの町の空気を吸うと、”帰ってきたなぁ〜”と思います


      カテドラル今修復中です^^:

      はじめてここに来た時は、スペイン語も今よりずっとしゃべれなくて、クラスでは
      私の他は皆ヨーロッパ人ばかりで、自分だけが分からないのが悲しくて悔しくて
      語学に関しては初めての挫折というものを味わったのでした
      小学校に入るくらいからずっと英語はやっていたから、アメリカに行った時も
      そんなに苦労しなかったし、シンガポールにいた時も、屋台とかでしゃべれるため
      ちょっと中国語だけ勉強さえすれば不便なことなんてなかった

      自分だけスペイン語が出来なくて、半泣きで町を歩いていつもカテドラルに来て
      サンティアゴ(日本語だとヤコブ)の像を見上げていたっけ
      学校で少し英語はしゃべれたけど、日本語では一言もしゃべれないし、毎日
      友達にメールしたり、時々電話するのが何よりの救いだったなぁ
      1カ月くらいは本当につらかったけど、だんだんと生活に慣れ、言葉にも慣れて
      少しずつ楽しくなってきて、それが続いていくと、どんどんこの町が好きになって
      最後には離れたくなくなってしまったんだった


      会いたかったよ(涙)
      サンティアゴの像 栄光の門という名前です
      ちなみにスペインの守護聖人でもあります


      カテドラル内部
      金色の部分がいわゆる本尊(?)の部分ですが、その中は↓のようになっています


      サンティアゴの本尊(?)ここに後ろからハグしてお参りします


      サンティアゴの棺

      この町には伝説があります
      イエスキリストの弟子だった、サンティアゴ(日本語ではヤコブ)はエルサレムで殉教した後、
      その亡骸を船に乗せて、運ばれたのが北スペイン
      ずっと後に、羊飼いがお告げによってサンティアゴの墓を見つけます
      当時、スペインはイスラム教に支配されていたのですが、サンティアゴの墓が見つかったと
      いうのが大ニュースになって、キリスト教による国土回復(レコンキスタ)運動も盛り上がって
      行きます
      それと同時に、墓のあった町にカテドラルが建ち、キリスト教徒達が巡礼にやってくる
      目的地になっていきます
      今でも、エルサレム、ローマに続く第三の聖地であり、宗教的な目的でなくても、この町に
      やってくる巡礼者は後を絶ちません





      カテドラルの隣にあるパラドール(国営宿舎 お城や貴族の館などを改修してあるホテル)
      いつか泊まりたいです!

      バルセロナでは、思いっきり観光客になって写真もたくさんとるし、地図持って町に出ますが
      サンティアゴでは土地勘もあるし、町をぷらぷら歩いたり、お気に入りのお店に行ったり
      あと友達が迎えに来てくれて、実家に連れて行ってくれたりとか、そんなふうに時間を過ごして
      いました

      『Another Sky』っていうテレビ番組がありますが、もし私がその番組に出ることが
      あったら(いや、絶対ないけど!)この町でお願いしたいと思います! ^^

      カテゴリ:えすぱーにゃ | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      治安についての心構えなど
      0
        バルセロナが危険だというのは良く聞く話です(スペインの都市では多分マドリードの危険さも同じくらい耳にします)
        基本的に危険=スリくらいで、命にかかわるような犯罪はないと思うのですが、それでも”危ない”っていうイメージがつきまとっているのはとっても残念なことです

        覚えておかなければいけないのは、日本よりも安全な国は多分ないということです
        日本は安全で(一般的には)豊かな国です
        そしてそれは世界中の皆が知っていることで、だから金目の物を狙っている、お金が欲しい!っていう相手からすれば格好のターゲットになりうるということです
        アジア人は少ないのでどうしても目立ってしまいます
        (中国人や韓国人も多いですが、やはり日本人は全身から漂う上品さ?のせいか目立ちます)
        常に”狙われてるかもしれない”という危機感を持っていてください
        特に、周りに人がたくさんいるときには(メトロの駅構内、車内、混んでいる観光地周辺、ランブラス通りなど)
        私は幸運なことに、スリや、そういった犯罪には巻き込まれたことがないのですが、もしかしたら
        『盗れるものなら盗ってみろ!』という気持ちが『殺気(!?)』になっているのかもしれません(笑)

        街中で地図を広げたり携帯で地図を見ない(分からないときは人に聞くか、メトロの駅などにある地図を見てください)
        駅などで札入れからお札を出さない(お金は必要最小限のみ小銭入れに入れ持ち歩いてください)
        メトロの中で携帯を出さない(街中で写真を撮るときにも注意が必要です)
        パスポートはカラーコピーを携帯する(カードを使うときにはIDが必要ですが、日本人はコピー
        でOKです)
        レストランに着席した時、背中側にかばんを置かない(これで盗られた人多いです)
        自分でホテルを選ぶ際には、出来ればエイシャンプル(Eixample)地区がおすすめです
        (ゴシック地区は観光にはいいですが治安の面で不安があります)

        無理やり荷物を奪うような輩相手には何をしたってダメだと思いますが、少し注意するだけでずいぶん危険が回避されるはずです
        スリのような犯罪を犯すのが、たいていが非スペイン人です
        地図を見ていただければ分かるとおり、アフリカに接していますので、そちら方面から毎日のように不法入国者がどうのってニュースで流れています
        また、東ヨーロッパ方面からも多数の合法、非法移民が増えているそうです
        特に景気の良くない昨今はそのしわ寄せがまた犯罪の増加にもつながっているのでしょう
        以前より街中で警官をたくさん見ますし、バルセロナ市も犯罪防止に努めているのではと思っていますが心から愛するスペインが、またお気に入りの町のひとつであるバルセロナが危険っていうイメージで語られるのが非常に心外で、また悔しくてなりません
        せっかくはるばる出かけた国で、ちょっとの注意で防げたかもしれないトラブルのせいで、貴重な時間を無駄にしまた楽しい思い出が台無しになるようなことがあって欲しくないなぁと思います

        スペインは歴史、美術、音楽、食事、お酒、スポーツ、などなど人生を楽しむための全てがあると
        言われる国です
        なぜか日本ではフランスやイタリアの人気にはちょっと及ばないようなので残念ですが。。。
        少しだけの注意とともに、もっとたくさんの日本人にぜひ訪れて頂きたいなぁと思っております!








         
        カテゴリ:えすぱーにゃ | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        カタルーニャ音楽堂 
        0

          http://www.palaumusica.cat/ca/

          バルセロナと言えば、サグラダファミリア!
          なのには異存もありませんが、それに匹敵するくらいに素敵な場所がこちらです
          カタルーニャ音楽堂(ちなみに世界遺産です)
          ガウディとともにカタルーニャを代表する偉大な建築家、ドメネク・イ・モンタネールの設計です
          内部は素敵なタイルやステンドグラスに彩られ、天使の歌声が聞こえてきそうな美しさです*^^*

          バルセロナには何度も来ているのですが、前回の帰国直前に初めて来てとっても気に入りました!
          内部は英語かスペイン語の見学ツアーに参加するか、コンサートを見に来るか、でないと見ることが
          出来ないので、今回はちょうどバイオリンのコンサートがあったので予約しておいたのです
          ファミリーコンサートという形だったので、値段も€11ととっても安く、まわりの地元の家族連れと
          一緒に音楽を楽しめてとっても素敵な経験でした
          (GAC○Tさんもここでコンサートされたとか)

          建物内部には素敵なカフェもあって、飲み物(アルコールもあります)や食べ物を楽しむことも
          出来ます
          もし、バルセロナにいらっしゃることがあったら、ぜひ!
          Highly recommend! ☆☆☆☆☆




          入口



          ガラスの内側はカフェ 左側にはミュージアムショップがあります



          ここは上の階のカフェ(レストランかも?)



           音楽堂内部



          ステージはこんな感じ
          パイプオルガンもあります


          天井のステンドグラスが本当に素敵です
          ずっと眺めていても飽きませんでした^^
          カテゴリ:えすぱーにゃ | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          | 1/1PAGES |